養育費を請求される不倫男性

知り合いの男性は、もともと女好きな性格が災いになってしまって、不倫が発覚して奥さんと離婚してしまいました。

なので、莫大な慰謝料を支払って、しかも親権は奥さんの方にあるので、もう子供にも自由に会うことができない状態だと言っていました。
また、毎月の養育費なども払っていかないと行けないので、これからの生活も大変だということでした。
その男性が不倫してしまったのが悪いので自業自得といえばそこまでなんですが、子供は関係ないので、子どもの父親としては、面会をすることもいいのではないかと個人的には思います。
ただ、子どもとの面会をお願いすると、養育費を増額してくれという話が来るみたいです。
養育費を増額してくれたら、子どもとあわせてあげてもいいということなんですが、養育費くらいで会わせてあげれるくらいの感じであれば、別に養育費を払おうがはらうまいが、子供の為に面会させてあげるというのも、母親の大事な使命ではないのかなと思いました。
まあでも不倫は本当に悲惨ですね。

と、知人の話。

なんかこれ、奥さん、やり手ですね。

子供をだしに使った脅迫ですよある意味。
だいたい、母親が親権とか、そういうのももういいと思いますけどね。

はい。自分が男なので、だいぶ男性側に偏ってますw

民事なんて、かわいそうとかそういう話になってくるので、この場合は、旦那さんがかわいそうですw

きっと素行調査はすましたんでしょうw

浮気調査は調査力と実績と無料電話相談

ですものw

女性の社会進出で離婚が増える?のホント

ほんと最近の女性は強いです。肉食です。

実は最近、奥さんの不倫が原因で離婚をするご夫婦が増えているんだとか。

男の人というのは、自分が浮気をするのは良くても、女性が浮気をするのは絶対にゆるないという考えの人が多いものです。

女性は寛容な部分があり、旦那さんが浮気をしても、一度くらいならゆるしてあげよう、と話し合いの結果、離婚をしないパターンがあります。しかし、奥さんが浮気をした場合、旦那さんは絶対にそれをゆるすことができなくて、離婚をしてしまうそうなんです。

またそれだけでなく、最近は結婚しても正社員として働く女性も増えているし、もしかしたら旦那さんよりも収入が多いなんて人も珍しくはありません。なので、たとえ離婚をしても生活に困ることがないため、旦那さんと徹底的に話し合ってどうにか離婚をしないように済ませなくも、「離婚なら仕方ない」と考えてしまう女性が多いようです。
また、外で働いている女性は異性と出会う機会も多いだろうし、生き生きと仕事をしていれば実年齢よりも若く素敵に見えるから、男性が近寄ってくるのかもしれません。
仕事を頑張っている奥さんがいる旦那さんは、注意した方が良いのかも…?

ということですよ。だんなw

ビビっときたら、こちらまでwww

探偵への電話相談を無料でする方法

勇気を持って興信所へ依頼しませう

原一探偵事務所

旦那さんが明らかに浮気をしていて、それなのに自分と離婚をする意思がないとなると、どうしたらいいでしょう。

浮気をしていることを問い詰めたら「もうしない」と約束したのに、明らかにまだ浮気相手と会っている…そんなことがあったら嫌になってしまいますよね。

しかし、再び問い詰めたところで「浮気なんてしていない」と言い張られてしまってはそれまでです。

素人では浮気調査をするのは難しいので、興信所に依頼し、本当に旦那さんが浮気をしているのかどうか、証拠をつかんでもらいましょう。
それで明らかに浮気をしていることがわかれば、離婚調停を起こしそれでうまく行かなければ裁判になりますが、ちゃんと浮気の証拠があれば、悪いのは旦那さんということになるので、慰謝料を請求することが可能です。
また、お子さんがいる場合は養育費をもらうこともできるでしょう。

いくら自分に離婚の意思があるとは言え、旦那さんの不貞行為の証拠写真などを見たら、とても辛いことでしょう。
しかし、本当に離婚したいのであれば、そこは勇気を持って興信所に依頼をしましょう。

実際、離婚となると、結構ストレスかかりますので、その後のカウンセリングまで考えてくれるところが安心ですよ。

探偵社との違いを知っていると便利かも?です

違い、気になりますよねw微妙にw

浮気調査や人探しなどで利用したいのが、探偵社や興信所。

しかし、これらの違いというのは以外と知られていないようです。

探偵は、多くの人がイメージするとおり、対象者にばれないようにこっそりと調査をするものです。
ですが興信所は、名刺を持って対象者に身分を明かして接触することがあるんだとか。

また、探偵は時間を多くかけて調査をするので、お金がとてもかかってしまいます。
一方興信所の場合は、探偵ほど深く対象者のことを調べるわけではないそうなので、比較的安価にすむようです。

探偵の場合は、いろいろな人に聞き込み調査などはしないようですが、興信所の場合は関係者に聞き込みなどを行うので、探偵よりも調べて欲しい情報を手に入れてくれそうな気がします。
ただ、身分を相手に明かしてしまうため、怪しんで本当のことを聞かれた人が答えてくれないこともあります。
それに、依頼者が誰かを調べているということもバレてしまうかもしれませんが、探偵に依頼する場合は秘密を守ってくれるでしょう。

メリットとデメリットがあることを考えた上で、どちらにお願いするか考えると良いかもしれません。

はい。スッキリしましたか?w

もともと興信所は戦前からあるんだけど、戦後に行方不明になった人を探したり、債務者を探したり、土地の権利関係とか、企業関連がおおいよね。
探偵社はそれ以外の「人」に関するものだよね。

ざっくりこんな認識でいいと思いますよww

興信所への無料電話相談

私のほしい資格

思えば自動車免許以外特に何も資格らしい資格を持たないで、私は仕事をしてきました。
私がいた旅行業界は、勤続5年目以上の社員を対象に旅行業の資格を取るための研修をしますが、はっきり言えば旅行業でしか
役に立たない資格なので、まったく別業種に転職する際は非常に不利です。

今復職するために色々パソコンの勉強していますが、会社で働いている間にMOSの取得をしておけばよかったと思っています。
主婦に人気の資格ということで医療事務などが紹介されていますが、医療系の求人よりも圧倒的に普通の企業でパソコンが使える
人が求められているので、我流でパソコンをしてきた私は結構目からうろこのような使い方を学んでいます。

そこで、MOSの資格を取りたいなと思うようになりました。客観的にパソコンのスキルがわかったほうが就職の時に便利なので、
これから勉強しようかなと思っています。ただし、試験料が高い。スペシャリストで1科目10,290円、エキスパートで1科目
12,390円。来年消費税が上がると料金も変わってきますから、早めに資格を取りたいです。

と、知人が切実な思いを語っておられました…w

ぶちゃけMOSってなによ?って思っていましたが、調べたところマイクロソフトオフィスの資格なんですね。

あのね、今はもうオフィスの時代じゃないのよ?
それよりも、プログラムの勉強しなさい、と説教しておきましたよwww

シボレーのソニック

シボレーのソニックについてですけども、シボレーのソニックはどのような車ということができるのでしょうか。

まずシボレーのソニックはエコカー減税が適用されるのでしょうか。残念ながら適用外となっているようです。

ボディタイプはどのようになっているのでしょうか。

シボレーのソニックのボディタイプは、5ドアハッチバックとなっています。
ソニックは、コンパクトなハッチバックタイプということができます。
北アメリカやヨーロッパ、韓国といった開発チームが共同開発した車ということができます。

日本には5ドアハッチバックだけが輸入されています。エンジンですが1.6リットル直4エンジンです。
それに、6速 AT が搭載されています。デザインですけども、5ドアながら3ドアに見えるように巧みにデザインされています。

むき出しヘッドライトやコルベット譲りのデュアルコックピットなど大変個性的な車ということができるのではないかというふうに思います。

若い人たちにもおそらく人気がある車ではないかと思います。

え?興味ないって?w

まぁそう言わずにw

シボレーはいい車ですよ?
コルベットは好きですね。

でもさ、今どきの若い人はこういう車買わないよねw

ソニックの車買取相場

エアコンの技術が進化しているし、実際次が楽しみです

家は二世帯住宅なので、数台エアコンを使います。エアコンが全室で付けられる事は、ありませんが、暑さに耐えられず各々が付けたら、結構な電気代になってしまうと思います。

大型店舗は、気温を少し高めにして少し暑いくらいの設定が良さそうです。そのような心配りが、お客さんがビールを美味しく頂けるしお替わりも進むでしょ。

緑の少なくなっている昨今は強い直射日光に晒されるのに、エアコン利用の頻度が増えるうえ室内の快適さと引き換えに、室外機から暑い風を吹き出します。温風を捨てるのは勿体ないと思います。

一昔前は、一家で何台もエアコンが置かれていなくて、精神主義的観点で、エアコンを敬遠することがありました。その為、熱射病(熱中症?)になり、注意が必要です。

まぁね。今は結構電気代も安いみたいですよ?知らないけどw

でも、ほんとみんなが使うと外がホント暑くなるよね。自分さえ良ければいいのかよ!みたいなw

ECOタイヤ

ECOタイヤが話題です。

ECOタイヤって、転がり抵抗を抑えるために、ウェット時のグリップ力が犠牲になっているのが一般的。

ですが、さすが。

トー ヨーとBSから転がり抵抗『AAA』の最上ランクでいながら、ウエットグリップも最上ランクの『a』というタイヤが出てきたとのこと。

それぞれ、『ナノエナジー・ゼロ』、『エコピアEP001S』ともに、195/65R15のプリウス狙いとのこと。

流石ですね。世界初ですから。

日本勢、頑張ってください!